メッセージ

野田 淳

noda_S2A0253.jpg

助教

野田 淳

卒業大学:昭和大学
専門:胆膵疾患の診断・治療

お腹の痛みに寄り添える医者になりたい

藤が丘病院消化器内科へようこそ。私は昭和大学を2016年に卒業後、2年間藤が丘病院で研修したのち、藤が丘病院消化器内科へ入局しました。3年間の内科専攻医を経て現在は胆膵グループのスタッフとして仕事をしています。

 

「お腹痛くなったことない人って誰もいませんよね?」 

「腹痛ってとても身近な症状です。だからこれが診れることは医師として大きな武器になります。」

初期研修医のときに診療科長の長濵教授が言っていた言葉です。この言葉が最も印象に残っております。「お腹の痛みに寄り添える医者になりたい。」そんなきっかけから消化器内科を考え始めました。

 

消化器内科といえばやはり「内視鏡」です。

私は小さいころからバイオリンを習っており、中高大学とずっと音楽漬けの毎日でした。幸いにもこの医局の先生方には楽器を弾く先生がたくさんいらっしゃいました。「楽器を操れるように内視鏡を使いこなせたら、とてもカッコいいな…」そう思い入局を決めました。

昭和大学藤が丘病院 消化器内科 野田淳

消化器内科医として必ず成長できる

 専攻医がおわり今年から正式にスタッフとなりましたが、自分で行える手技や自分で判断できることが増えた分、業務や責任などもそれ以上に増えたと実感しています。日々の業務は大変ですが、上司の先生方や同期、後輩に助けられながら乗り越えられています。

 藤が丘病院は大学病院と市中病院の両方の性格を持ち合わせており、診療科同士の垣根も低く、とてもアットホームな病院です。専門疾患からCommon diseaseまでそろい、特に胆膵疾患は近年多数の症例が周辺病院から集まっています。消化器内科医として自身を磨くに当院は最適な環境です。当医局にはたくさんの女性医師も所属し、上下部も胆膵もみんなで診療しながら、相互補完しながら日々切磋琢磨しています。あなたも必ず一緒に成長できます。

医学生や研修医、専攻医の皆さん、一度見学にぜひいらしてください。

昭和大学藤が丘病院 消化器内科

※掲載内容は2021年12月時点の情報です。